リラクゼーションセラピストとは

リラクゼーションセラピストについて

時代のニーズとともに増加しているリラクゼーションサロン。
その場所で勤務している人たちのほとんどはリラクゼーションセラピストという職業になります。
総務省はリラクゼーション業を正式に、職業として認定しました。(日本標準職業分類コード429認定)。
それによって、リラクゼーション業に携わる方がさらに急増しています。
リラクゼーションとはリラックスすることで「緊張の和」「息抜き」「休養」のことを言います。 交感神経の興奮が抑えられ、副交感神経の働きが優位になっている状態のことなのです。
リラクゼーションセラピストは手指により、お客様の体を刺激し、心身に安らぎを与え、緊張から解放されるひとときを提供します。
あんま・指圧・マッサージと似たような技法を使いますが、あんま・指圧・マッサージとは、全く異なったサービスを提供するものです。
あんま・指圧・マッサージは、手指などを使ってお客様の体を刺激しますが、その目的は肩こりや腰痛など、「体の痛みの改善」が目的です。
つまり「治療行為」です。 一方リラクゼーションセラピストは、「体の痛みの改善、治療行為」は行いません。 リラクゼーションセラピストが行うのは、お客様を「心身ともにリラックスさせること」です。あんま・指圧・マッサージと似たような技法を使いますが、その目的は全く違うものです。
これまでリラクゼーション業界は、法的な裏付けのなさから、「無資格診療」「無資格のあんま・指圧・マッサージ師」と批判されてきましたが、 今回、総務省がリラクゼーション業を、正規に職業として認めたことにより、その合法性が認められ、社会的な位置づけがはっきりしたのです。
日頃の生活において、身体にはたくさんのストレスという名の負荷がかかるときがあります。
そのストレスが過剰になり放っておくと、自律神経が乱れイライラしてみたり、心が落ち込んだり、身体の疲れが生じたり、結果として身体へのダメージを負う事があります。
人はストレスに対して、ストレスと感じないようになる(ストレス環境になれる)、かわす(回避し離れる)、ストレスに打ち勝つなどの対策法をとります。
真面目な人ほど、ストレスを貯めやすい傾向があるとも言われています。
ストレスを正面から受け、はじき返すことだけに心が向くとストレスに負けたときダメージが拡大します。
そのためストレスを自身で弱めるなどの対策をとり、心、体を安め正常な心でいられる状態を維持することが必要です。
というわけでリラックス状態は大事であり、リラクゼーションが必要なのです。

【リラクゼーションマッサージは医療のフロントです】
人生においてなによりも大切である心と体を癒す職種。
当店のスタッフは一般のリラクゼーションの経験者を採用しております。
整体師または、リラクゼーションセラピストの資格を持った現役スタッフが施術します。
(資格を持ってなくてもリラクゼーションマッサージ経験のあるスタッフは技術チェックをした上で採用しています。)

スタッフのプロフィールなどはこちら⇒スタッフの紹介

鈴木

ZIPでは、一緒に働いてくれるリラクゼーションセラピストを常時募集しています。
店舗での待機は無く、自分の都合の良い時間に働ける為、副業としては最適な仕事です。
スタッフの取り分は料金の約7割以上という高待遇です!
応募資格は20代〜40代迄で経験者(3年以上)又は現役で勤務している人のみ募集です。
ゲイマッサージを個人で経営している方の副業としても歓迎です!
現在はゲイの方のみの募集です。
恐れ入りますが、ノンケ、バイの方はご遠慮ください。
希望の方は、「氏名」・「年齢」・「身長」・「体重」・「自宅最寄り駅」・「リラクゼーションセラピスト経験年数」をご記入の上、お問い合わせ下さい。

スタッフ応募のお問い合わせはこちらから




メール


page top